関西行き当たりばったり

アクセスカウンタ

zoom RSS 父は、窓から出て行った

<<   作成日時 : 2016/03/12 02:33   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 3

丁度、今から10年前、父のお通夜を、我が家で済ませたので、お棺に入った父は玄関が狭くて、葬儀屋が窓からだしました。
父は遺言で、「葬式は、出さないでくれ」と書いてあったので、密葬にしました。

母は、父が死んで、10年目の今年の1月27日に、「大動脈解離による、心タンポナーデ」で死にました。
私が、買い物に行く前は、にこにこして元気だったのに、買い物から帰ったら、起き上がって、どこかに行こうとしたのか、足は床について、上半身は、介護用ベッドに横向きに持たれ掛かっていました。
「おかあさん、どうしたの?」と肩に手をかけましたけれど、全くうごけませんでした。
頸動脈を触れてみても、脈が触れません。
あわてて、東京の学会に出席している、母の主治医に携帯電話をかけたら直ぐ出てくれて「いやー、直ぐ帰って診てあげたいけど、とてもできない。消防署に電話して、救急車に来て貰って、多分近くのT病院に、行くと思うけど、その病院の先生に見て貰って下さい。万が一の場合は、その先生に、死亡診断書をかいてもらうしかない。」といわれました。

消防署に電話したら、消防署から4名、そのあと「救急隊員」の制服を着た女性1名を含める3名は到着して、母の心臓マッサージをしました。
母は白い寝袋みたいなものに半分身体を入れられて、階段を下りて、ちゃんと玄関から出て行きました。

病院でお医者さんが、いろいろ蘇生術を、施してくれましたけど、どうしても心電図がピーっと一直線で「心肺停止」と診断されました。
その後お医者さんに「もしかしたら、警察で検視をしなければいけないかもしれない。そうなると、お母さんのご遺体は、2〜3日帰れないかもしれません」と言われました。私は、覚悟していたので、「私も母が、なぜ死んだのか知りたいです。是非警察で、検視して下さい」とお願いしました。
それから30〜40分してお医者さんが「CTスキャンで、動脈解離がはっきり出た。こんなにハッキリ映るとは僕も、驚いた。それで心臓に血が溜まってしまったのです」と説明してくださいました。「え!マルファン症候群ですか?」と聞くと「よく知ってるね」と言われて思わず口をふさぎました。お医者さんが「お母さんは、お顔も穏やかなお顔をしてるし、痛みも無く苦しまなかったと思うよ」と言って下さいました。
そのおかげで、無事にお葬式も出すことができました。
今はプレハブの家に、たった一人でいます。でも猫たちがいるので賑やかです。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
やっと、更新されましたね。
よかった、よかった。
さぁ、ここからは、心に移るよしなしごとを思うままお書きください。猫たちのこと、ムカついたこと、などなど。

ぼくの両親は、二人とも病院で息を引き取りました。
父の時には、名古屋にいったん戻ってきたときだったので、死に目には会えず。
母の時には、兄が死に目に会えなかったことを悔やんでいましたから、数日付き添いました。
そして、心電図がピーとなるまで見守りました。
人が亡くなる瞬間をはじめて知りました。

父母が教えてくれたことは数多いのですが、死にざまもその一つだったように思います。

お母様のご冥福をお祈り申し上げます。
ごろー。
2016/03/12 07:50
  こんにちは。

 お母さんは、お顔も穏やかなお顔をしてるし、痛みも無く苦しまなかったご様子なのが救いですね。

 ご冥福をお祈り申し上げます。
amefurashi 2899
2016/03/13 12:17
さよさん、こんにちは。

突然のことに驚きました。

謹んでお母様のご冥福をお祈りいたします。
koji
2016/03/29 12:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
父は、窓から出て行った 関西行き当たりばったり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる